VIO脱毛にもタイプがある!好みによって変えられるというメリット

  • 2017年12月27日
  • /
  • By:

形を整えたい場合はデザインを決めよう

形を整えるタイプのVIO脱毛を行いたい場合はデザインを考えておきましょう。自分の好みのデザインを決めた後は、そのデザイン通りに自己処理で脱毛を行っておきましょう。事前に自己処理を済ませておけば脱毛サロンやクリニックで施術してもらう際に自分が剃ってある箇所だけに照準を合わせてもらえます。この方法を取ることでデザインが崩れる心配がなくなるというのがメリットでしょう。自己処理が難しい場合はプロに剃ってもらった後で施術すると綺麗に行えます。

毛量を抑えたい場合には初回と2回目での方法を変える

毛量を抑えるだけを希望している場合は初回と2回目での自己処理が変わってきます。初回の施術前にはデリケートゾーンの全ての毛を剃っておくことが必要です。全部を剃ってしまうと毛がなくなってしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、初回の施術だけでは全ての毛がなくなってしまうことはありません。生えてくる量を抑えるだけで済みます。初回で毛量を抑えた後に2回目以降を理想の形に整えて施術してもらえば毛量が減って、理想の形を維持しやすくなるでしょう。

全てを処理したいのであれば全部剃ろう

デリケートゾーンに生えている全ての毛を処理したい場合には全部の毛を剃ってしまうのがベストです。自己処理で全ての毛を剃る場合に注意しておくポイントは肌を傷つけないようにすることでしょう。肌を傷つけてしまうと完全に治りきるまで施術を行えない可能性も考えられます。そのような失敗をしてしまう可能性がある場合は脱毛サロンやクリニックで綺麗に剃ってもらう方が安心できるかもしれません。

VIOライン脱毛は主にデリケートゾーン周辺の脱毛の事を指します。この部位の脱毛(特にIライン)は肌が敏感なため痛みます。しかし、脱毛することによりおりものが付着しなくなるため綺麗に保つことができます。