もしかしてわきが!?そんな悩みの解消方法は?

  • 2017年12月29日
  • /
  • By:

わきがかもしれないと思ったら

体臭などのにおいは、自分では気づきにくいものです。そのため、周りの人はわきがのにおいが気になっていても、本人だけが気づかないということは珍しくありません。わきがかもしれないと感じることがある場合は、早めにセルフチェクをしておくことがおすすめです。耳垢がベタついている、洋服の脇の部分に黄色いシミができている、脇毛に白い粉がついているという場合は、わきがの可能性があります。

わきがは治療で治るものなの?

わきがが気になるのであれば、皮膚科や美容外科など、わきが治療を行うクリニックでカウンセリングを受けることがおすすめです。現在は、治療によってわきがの悩みを軽減できるようになっています。悩みをしっかりと解消したいのであれば、わきを切り開き、わきがの原因となるアポクリン汗腺を取り除く手術が有効です。それ以外にも、レーザー治療や注射で汗を抑制する治療など、切らずに行う治療法も多くあります。効果の出方や持続期間は治療法によって異なりますが、治療を受ければ悩みの緩和に繋がります。

クリニックに行く前にできること

わきがは気になっても、クリニックに行くことに抵抗を感じるという人もいるでしょう。そんな場合は、制汗クリームで汗を抑える、汗をかいたら素早く拭き取る、常に清潔な衣類を身につけるなどの対策をしておくことがおすすめです。治療を受けた場合でも、こうした対策をしっかりと行っておくことで、においに悩まされにくい状態を作ることができます。こうした方法以外に、梅干しやめかぶ、こんにゃくや野菜などを積極的に食べるなど、食生活に気を使うことも、わきが対策に繋がります。

わきがは脇から発生する悪臭のことを指します。アポクリン汗腺という汗を出す器官があり、アポクリン汗腺から出てくる汗を皮膚に存在する皮膚常在菌が食べてしまい、汗を発酵させるために悪臭が出てしまいます。